〒162-0834 東京都新宿区北町29番地 TEL (03)6457-5903

FAX (03)6457-5904

日本プリプレス XMLはおまかせ

リッチテキストファイル(RTF)の作り方


リッチテキストファイル(RTF)の作成は簡単です.

リッチテキストファイル作成にあたり

本文中に図説(Figure Caption)やテーブルタイトルがあるとわからなくなりますので,図説やテーブルタイトルは引用文献の後に配置してください.

1.1段組み
2.図説やテーブルタイトルは,引用文献の後にまとめて配置
3.ファイル名は
「J-STAGEのジャーナルID」と「論文番号」
を「_(アンダーバー)」で繋げてください
*ファイル名は半角英数字です

*論文番号が無ければ「巻」「開始頁番号」を「_(アンダーバー)」で繋げてください.

画像ファイル作成にあたり

図ファイル名:論文番号_g_001.jpg *3桁の連番
表ファイル名:論文番号_t_001.jpg *3桁の連番

は,綺麗にセルに収まっていればXMLできますが,それ以外は画像扱いとなります.
数式は,MathTypeで書かれた式のみXMLできますが,それ以外は画像扱いとなります.
表や数式のXMLファイル化に関しては,日本プリプレスにご相談ください.

*リッチテキストファイル・画像ファイル作成でご不明な点がありましたら,日本プリプレスまでご連絡ください.






InDesignファイル → RTF

InDesignファイルからリッチテキストファイルを作成方法

1.InDesignファイルのテキストを選択してコピー
2.MS-Wordを開いて(メニュウ/ファイル/新規作成)テキストをペースト

InDesignファイルの作り方ではテキストのコピー&ペーストが複数回になります.

脚注の所属先や連絡先など漏れなくしてください.

pdfファイル → RTF

pdfファイルからリッチテキストファイルを作成方法

行末の改行やハイホネーション混入,また行末スペースが無くなり,2つの単語が繋がる場合があります.
できればInDesignなどの組版ソフトから作成することをお薦めします.

1.pdfファイルから「リッチテキスト形式」に保存
(メニュウ/ファイル/名前を付けて保存/その他のオプション/リッチテキスト形式)


pagetop