ソーシャル・ネットワーキング・サービス (SNS) を活用して論文を広げよう

J-STAGEに公開しただけでは、アクセス数は増えません。
SNS(Facebook,Twitter, Linkedln, ReserchGate など)を活用して論文を多くの方に読んでもらいましょう。
SNSを使えば多くの読者の目にふれ、フォロワーも増え、論文の読者が広がります。

ジャーナル単位で各SNSに発信します

J-STAGEに公開時点でFacebook, Twitter, Linkedln, Blog (WordPress) の各SNSに一斉発信することで、J-STAGE論文記事へのアクセス数が驚くほど増えます*。
特に早期公開に利用すれば効果があります。


外部サイトのSNSの力はすごいです

・SNSで論文の読者を広げる。
検索結果で上位にランクされる。
・J-STAGE(オンラインジャーナル)の記事アクセス数が増える*。
・記事への引用数が増える。
IF値が上がる。
・論文の投稿数が増える。

*各SNSの記事とJ-STAGEの記事をリンクすることでJ-STAGEアクセス数が増えることになります。

SNSで学術誌を発信しています

Journal of Computer Chemistry, Japan(日本コンピュータ化学会)


著作権問題で著者がSNS利用することは禁止されているジャーナルが多いかと思います。
しかし、著作権を保有している学協会様がSNS発信することで問題はクリアされます。
[注意] 著作権に関してはジャーナルごとに違うため、ジャーナルの著作権譲渡をご確認ください。

XMLファイルでSNSにアップロード

通常、論文をブログなど個々のSNSサイトに書き込むには手作業となり、大変な作業です。

NEW弊社はJ-STAGEにアップロードしたXMLファイルを活用し、SNS自動アップロードシステムを開発しました。
また、SNSサイトの作り方などお気軽にご相談下さい。
お問い合わせはこちら


↑ PAGE TOP